6歳、1歳の娘たちとドタバタ記

子育て記録、懸賞記録、主婦の独りごと

育児、節約、愚痴とかー。
日々思うことを綴ります。

有名人のつづき

私もバンド活動はずっとしてました。

音楽に費やした10代~20代。


そして、彼にも10年費やした。


何だか、夢を見ていたような。現実感が全然ない。東京には野望が渦巻いていました。


役者になりたい人。ミュージシャンになりたい人、世界を目指してる人。一流になりたい人。成金の社長さん、芸能人、芸能人の兄弟とか、いろんな人と数年しかいない東京で沢山出会いましたよ。



野望や希望すらないプライドも何もない私は、失格の判子を押されたような衝撃で、東京に留まっていられなかった。


初めてバイトしたときの仲間は新宿生まれ新宿育ち、東京からでたことがないと言ってた。ネオンが無いといられないと、いつも言ってた。暗がりが怖いと。東京にも暗がりや、自然は沢山あったけど、特殊な人だったのかな? 私は、理解できなかったなー。


田舎で生まれて良かったです。


東京て働いているときに、亡くなった知り合いがいました。ほんとに知り合いってだけで、ご飯一回いっただけだったの。


最後の着信を折り返さなかった私。


罪悪感。


地元に帰って来てからも、バンド友達が亡くなっていたことを一年後に知る。



最後にやり取りしたの、SNSで一言だけだったの。


段々と、別れがふえるね。年取ると。



同級生も、病気で亡くなったときいた。


私は今を大切に生きなきゃ。有名人に成ることも、ならないことも。普通の主婦でいい。


普通の主婦でいいから、もう悲しい思いはシタクナイ。平凡が一番。