6歳、1歳の娘たちとドタバタ記

子育て記録、懸賞記録、主婦の独りごと

育児、節約、愚痴とかー。
日々思うことを綴ります。

母親教室

9ヶ月にはいりました!

いよいよ出産が近づいて来ました~

産院で行われた母親教室に参加してきましたよ。


もとの体重より、プラス10㎏を簡単に越えてしまったので、出産までの期間 体重を増やさないように釘を刺されました…(;o;)



元々甘党なんで、おやつを抜きに出来ず…、毎日普通に食べてたら、ガンガン太る…



あと、1ヶ月とちょっとをどう過ごそうか悩み中。


赤ちゃんは、1900gと至って普通みたいなので、赤ちゃんが大きくなりすぎないように、私も太らないように、食事管理が大切だと言われました。



朝はパン派だったのをなるべくご飯。

パンなら食パン1枚、何も塗ってはだめ!

野菜や卵を一緒に食べる!!



栄養士さんの指導。



産まれたらたくさん食べられるから、それまでの辛抱よ!!と助産師さんからも。




私の意思とは裏腹に、体が 甘いものを欲しがる…


チョコレートは70%以上のものに替えて、1日2、3粒


コーヒーは、ノンカフェインの甘いやつ飲んでたのを、マタニティ用のコーヒー味のやつに変更(あんまり好きじゃないけど、妊婦に必要な栄養がたくさん入ってるらしい)


それ以外は、お茶か水!


野菜も、一度に沢山茹でてタッパーで保存

毎食ごとに 小分けに食べる。


ご飯は、十六穀米に変更


この食事は娘にも良い気がする。

添加物がたくさん入ってる食事より、(今まで仕事と妊婦を理由に、出来合いの食事で済ませていました…反省)



一人目の時より、より良い出産をしたい。

ソフロロジー法を教わってきました。前の産院では、教えてくれなかった。 産むときも祝日だった事もあり 1日放置され不安感でしかなかった。

文句言っても、母子ともに健康で産めたので結果はよかったのかもしれない。けど、次の日になってやっと先生に診察してもらい(祝日で陣痛当日は先生が不在、看護師が電話で指示を受けているだけだった)、促進剤で結果お産を進めた。



今行っている産院は、院長先生が病院で寝泊まりしていて、助産師、看護師、とみなベテラン揃い。陣痛来たら、モニターは産まれるまでずっとつけていて、各担当が目でデータを確認できるシステムになっているみたい。



なんか、それだけ聞いただけでもちょっと安心する。



二人目だって、怖いのは初産と変わらない。

不安はあるが、一人目の時よりは陣痛の痛さを死ぬほど味わっているので、心構えは違っているのかな


朝4時にお印

陣痛


入院

朝ごはん

陣痛が遠退く、


昼頃から陣痛本格化


夜中、妹と母親が付き添ってくれるが痛みで対応出来ず、何度もナースコール呼ぶが先生が居ないから部屋で待機と言われて、看護師は部屋を出て行ってしまう。


次の日の朝9時まで放置される。


やっと先生が出勤、診察

薬を投与。



そこから、あっというまにお産が進み

お昼過ぎに、娘誕生!


前日の苦しみはなんだったんだろうか…(;o;)と。

先生がいればこんなに放置されなかったんじゃないかと、感じてたのは私だけ?


看護師には、口を揃えて初産だからみんなそんなもんよ!と言われた。



今の産院で聞いた話だと、初産で平均15時間

とのこと



やはり、当たり前ではなかったんだと

5年ぶりの出産を機に、謎が解ける。



絶対に次は、悔いのない出産をしたい。



気合いだけは入ってます。



さー、赤ちゃんと共に頑張るぞ!